TeamNETとは

Home > TeamNetとは > がん治療への想い

がん治療への想い

がん相談 蕩蕩(とうとう)でがん相談に携る先生方のがん治療に対する『想い』です。

海老原 敏 (2007~)
がん相談”蕩蕩”創設者 名誉院長
杏雲堂病院 病院長
国立がんセンター東病 名誉院長
NPO法人TeamNET 理事
今のがん治療は、全国どこでも同じ水準の治療が受けられること、進行度に合わせた一律な治療法の確立を目指しています。医療行政の観点からみれば正しい方向ですが、医療を受ける側からみれば、良いことではあるが進行度その他医学的根拠だけで決められても、自分はこの点だけは譲りたくないということも十分考えられます。たとえば声だけは失いたくない、何とか声を残す方法はないかなどの要望に応えるための努力は重要だと考えています。
このような個を重視した究極の治療法の開発が一方では進められるべきであり、そのような考え方の治療はどこで受けられるのか、相談に見える方に考え得る選択肢を全て提示し、専門分野が異なるものは専門医にも意見を聞いてそれを伝える。私は、このような場を提供するために、がん相談“蕩蕩”を開設しました。
故 江川 滉二 (2007~2009)
がん相談”蕩蕩”院長
医療法人社団 滉志会 理事長
東京大学 名誉教授
NPO法人TeamNET 理事
がん治療には、早期診断・早期治療にまさるものは今のところありません。しかし、たとえ手術が成功裏に行なわれた早期がんであっても、その後再発することは少なくありません。また初診時にすでに進行がんである患者さん方も大勢おられます。こうした再発・進行がんの患者さん方こそががん問題の難しさの中心です。したがって、早期がん治療後の再発をどうやって防ぐかは大きな問題です。また不幸にして進行がんの状態に陥ってしまわれた方々にとって、治療法の選択肢が抗がん剤治療だけであり、しかも抗がん剤治療で治癒にいたることは例外的というのが現状というのでは、進行がん患者さんたちがあまりにもお気の毒過ぎます。こういう困難きわまる状況に対して、患者さん方のために、患者さんの目線に立って、及ばずながらも私なりの努力をしたい、というのが、もともと基礎研究領域で一生を過ごしてきた私が、あえてがん治療という難しい領域に踏み込んだ理由です。
中島 聰總 (2007~)
癌研有明病院顧問・前副院長
胃癌治療ガイドライン作成委員会前委員長
NPO法人日本がん臨床試験推進機構 常任理事
患者と医師との出会いは運命的である。消化器癌の手術、化学療法を中心に、患者の話をよく聞き、患者にとって最良の運命をもたらすよう、最適の医師との出会いを仲介したい。
武藤 徹一郎 (2007~)
癌研有明病院 名誉院長・メディカルディレクター
東京大学 名誉教授
元東京大学医学部附属病院 病院長
NPO法人TeamNET 理事長
高松宮学術賞、中山恒明賞受賞
がん治療は手術、化学療法、放射線療法のいずれにおいても格段に進歩した。最近では遺伝子療法、細胞免疫療法・分子標準的療法などの免疫療法も登場し将来は明るいようにみえる。がしかし、感染症のように克服することは難しかろう。がんは長寿の税金のようなものであるからである。50年も前に、"ヤクザも癌も身のうちなんで、そういう反社会集団とうまく共存していくような方法が一番だ"と喝破された吉田富三先生は偉大である。若い人をがんで失うことだけは何とか防ぎたい。
東原 英二 (2009~)
杏林大学医学部付属病院 病院長
杏林大学医学部泌尿器科学 教授
日本Endourology・ESWL学会、日本腎臓学会、日本内視鏡
外科学会などの学会会長を歴任
国際泌尿器科学会元理事 他
現在、がん治療は外科手術(開創手術、内視鏡下手術)、放射線治療(種々の線源を用いた外照射、小線源療法による内照射)、化学療法、分子標的薬による治療、がんによってはその他の治療薬(免疫療法、前立腺癌では内分泌療法など)が組み合わされて行われるようになっています。患者さんの状態(年齢、併発症、栄養状態、社会的状態など)、がんの状態(臓器による違い、同じ臓器でも組織型による違い、局所進展度、転移の有無など)、さらに臓器の機能や特殊性(腎臓癌では臓器が二つある点や健腎の状態、膀胱では膀胱の機能を代用する種々の方法など)、医療機関に整っている設備やシステムの違い、医師の熟練度、そして何よりも患者さん(家族も含めて)がどう希望するのかが重要ですが、多くの因子によって治療方法が選択され組み立てられます。
ガイドラインは治療の選択にあたって参考にはなりますが、決定するには経験のある専門の医師の判断を参考にしながら、患者さんや家族自身が考えることが重要になります。 患者さんが自己の治療方法を決定するにあたって、私の知識とこれまでの経験がお役に立てれば幸いです。
森安 史典 (2008~)
東京医科大学 消化器内科 主任教授
東京薬科大学 名誉教授
日本消化器病学会専門医・指導医・財団評議員
日本肝臓学会専門医・指導医・評議員
日本超音波医学会専門医・指導医・理事 他
日本人の死因のうち最も多いのが癌であり、日本人の3分の1が癌で死亡する。
そのうち上位5位までのうち4つが消化器のがんである。 大腸癌、胃癌、肝癌、膵癌がそれであり、私はそれら消化器癌を専門として、診療・研究を行ってきた。 それぞれが特徴を持ったがんであり、同じく消化器癌と言っても、治療法や治療成績は大きく異なっている。 消化器癌の治療法としては、以前は手術が主体であったが、最近では手術以外にも多くの治療法が登場し、 消化器内科の専門医であってもその治療法の選択には苦慮することも多い。
とくに肝癌ではラジオ波焼灼術を代表とする局所治療の技術が発達し、手術との選択や組み合わせなど、治療法のバリエーションが広くなっている。 肝癌のみならず、消化器癌では、手術療法・局所療法・放射線療法・化学療法・免疫療法などの組み合わせ治療が重要になって来ている。 また、それぞれの領域の治療技術も日々進歩している。
そのような状況の中で、どの治療法を選択するのか、 また、有効性や安全性に結論が出ていない新しい治療法に挑戦するのか、あるいは治療を行わない方がいいのかなどの選択に迫られる。
そのためには、患者さんやご家族は、医師から正しい情報を得て選択して行くことになる。 その場合に最も重要なことは、患者さん自身や家族の“闘病意欲”である。 がんと正面から向き合い、悔いの残らない医療を受け、「一生懸命手を尽くしたので、がんとの戦いには悔いはありません」と言っていただけるような診療を、私たちは行っていきたいと願っている。
高橋 和久 (2008~)
順天堂大学医学部附属順天堂医院 呼吸器内科教授
同 がん治療センター副センター長
日本呼吸器学会専門医・指導医、 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療機構認定医、日本呼吸器学会理事
我が国では高齢化社会が益々加速しており高齢者に多い疾患が急増することが予想されます。肺がんは高齢者に多い難治性がんの代表であり、現在年間 66,000人の患者さんが亡くなります。 しかしながら、最近、進行肺がんにも有効な治療法が次々と開発され、10年前と比べ治療成績は格段に向上しました。私は、進行肺がんや中皮腫などの難治性がんの患者さんにとって最も大切なことは、個々の患者さんにあった治療法を選択していただき、信頼のおける主治医のもとで治療をお受けになることだと思っております。また、がんと戦うには相手を良く知る必要があります。 おわかりにならないことは何でもお気軽にご相談下さい。
すべての患者さんが、生活の質(QOL)を落とさず、症状が消失し、1日でも長く平常の生括をお送りいただけることを願っております。
太田 惠一朗 (2008~)
国際医療福祉大学 教授
国際医療福祉大学三田病院 外科・消化器センター 
医療相談・支援・緩和ケアセンター長
私はふだん消化器外科のがんの専門医として多くの患者さんを診ていますが、その中でセカンド・オピニオンを求めて来られる方がたくさんいらっしゃいます。 他の病院でがんと診断され、治療方針について説明を受けたけれども満足できず、はたして自分はベストの治療を受けているのだろうか、他にもっとよい治療法が あるのではないか、という疑問や不安を抱えていらっしゃる患者さんやご家族の 方々です。
また、新聞、テレビ、週刊誌、あるいは本などにがんの情報は氾濫しており、もちろん情報を得るのはいいことですが、その反面、情報に流されてしまい、誤った判断につながる場合も多々あるようです。それを正すのが専門医の務め だろうと思います。
現在考え得るベストの治療法を患者さんが選択できるように正しい指針を与え、現に受けておられる治療法にくらべて、より良いと思われる治療法があれば、それをお教えしなければなりません。
治療に関する相談では、こうしたことにできる限り客観的にお答えするよう 心がけています
山下 孝 (2007~)
癌研有明病院 副院長
同 放射線治療科部長
NPO法人TeamNET 理事
30数年間、がん患者さんを診て来て、特に最近感じることは、がん治療を行っている放射線治療以外の医師が放射線治療の発展について十分知らないことです。私が放射線治療以外の手術や化学療法の発展を十分知らないように他の科の医師は放射線治療のことを十分知らないのです。このことは、今までのように治療方針を全て担当の医師に任せられなくなってきたことを意味します。すなわち、患者さんが自分のがんを治すために自ら一番良い方法を調べる努力が必要になってきたのです。それにはそれぞれの分野の専門家にセカンドオピニオンを聞いて治療法を選ぶのが良いでしょう。
どうぞご相談ください。
唐澤 久美子 (2007~)
順天堂大学医学部附属順天堂医院 放射線科 先任准教授
同 先端放射線治療医学物理講座 責任者
日本人の二人に一人が、がんになる時代です。日本のがん医療は進んでいる反面、一方で不足の面がないとはいえません。それは、放射線治療、化学療法、緩和医療、患者支援体制、地域格差の是正などでしょう。私が専門とする放射線治療も、欧米先進国と比較すると適切に利用されているとは言えません。それはすなわち、適切に利用すれば得られる利益を得られずに、損をしている患者さんが多い事を意味しています。しかし、患者の立場に立つと、主治医以外から正しい医療情報を得る機会は極端に限られており、不適切な民間療法などが入り込む土壌を作っています。私の身内にもがんを患った者が多く、また、友人・知人からがんの医療に関する相談を受ける事は少なくありませんが、皆さんが正しい情報を求めて彷徨っている状況が見て取れます。この施設には様々な分野の専門家が、患者さんに正しい情報をお伝えしようと集まっています。セカンドオピニオンを上手に利用して、その患者さんにとって、最も適切で納得できる医療にたどりついていただきたいと願っています。
副島 研造 (2009~)
慶應義塾大学 呼吸器内科 講師
日本呼吸器学会認定専門医・評議員
日本がん治療機構認定医
肺がん治療はこの10年間で大きな進歩を遂げました。以前に比べれば抗癌剤治療による副作用も非常に軽くなり、効果も明らかに改善してきています。しかし未だにがんを克服できたと言える患者さんはごくわずかで、他のがんに比べてもその治療成績は未だ厳しいものと言えます。がんを完全になくすことが困難な現在、大事なことはこれまでの抗癌剤と新しく開発されてくる薬剤や免疫療法をうまく使いながら、生活の質をなるべく損なうことなく、長く上手にがんと共存することです。もちろん信頼できる医師やその他の医療従事者との関係も重要でしょう。肺がんに苦しむ患者さんに対して、微力ながら少しでもお役に立てる、そして元気になれる、そういったアドバイスをできればと考えています。
後藤 重則 (2007~)
医療法人社団滉志会 副理事長
瀬田クリニック東京院長
東京医科大学 内科学 兼任講師
現在、がん治療は外科手術、放射線、化学療法が行われ、これらを単独あるいは組み合わせた治療法が、がんの種類毎に標準治療として用意されています。
この標準治療はいわゆる有効性について十分に評価の定まった医療です。しかし、この標準治療法にはとても限りがあります。標準治療のみを治療法とすると、「もう有効な治療法はない」という意見をすぐに聞くことになってしまいます。また、患者さんには個性があり、身体も、物の見方、考え方も一人一人違っています。したがって、標準治療がだれにも例外なく好まれ、あてはまるとは限りません。
もう少し視野を広げて、科学的根拠を有して、ある程度の臨床データがそろった治療も考えることが時には必要でしょう。そんな時に患者さんと一緒に治療方法を考えていきたいと思います。免疫細胞療法などもそんな選択肢の1つです。

運営媒体

がん相談蕩蕩
がん治療費.com