What’s New

Home >  What’s New

What’s New

TeamNETからのお知らせです。

「がん患者さんが歌う春の第九」チャリティーコンサートへのお誘い

TeamNETでは、従来より、がん治療に関する有用な情報を
専門の医師達より発信し、合わせて音楽で心を癒して頂く企画
「進化するがん治療ーチャリティーセミナ&コンサート」を
開催して参りました。

多くのオペラ歌手やゴスペル歌手の方々、
日本フィルハーモニーや神奈川フィルハーモニーの方々に
ご協力を頂いて開催され、好評を頂いておりました。

この数年、スタッフの面々や関係者や来場者の方々から
「がん患者さんやご家族の方々、そしてがん治療に真摯に向き合う
医療者の方々が一堂に会して”歓喜の歌ー第九の合唱”を歌えたら・・・」
とのご希望を頂いておりました。

企画としては3年ほど、スタッフの中で温めておりましたが、
この度、その思いに共感して頂き、その実現に向けて、
がん研有明病院やがん研有明友の会、更には日本フィルハーモニーの方々が
立ち上がってくださいました。

現在、我が国のがん医療の高質化を目指し、
最先端のがん治療とがん研究を牽引されている
「公益財団法人がん研究会」を中心に
「がん患者さんが歌う春の第九合唱団」を立ち上げ、
来春4月1日の実現へと歩きだすことができました。
関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

つきましては、進化するがん治療のお知らせをさせて頂いておりました皆様に、
そして関係者の皆様にも開催をお知らせ致しますととともに
「自分も歌ってみたい」という方(合唱団団員)を募集させて頂きます。

素人でも全く問題はございません。
日本フィルのプロの方々が、親身になって練習をサポートして下さいます。
来年の公演の4月1日まで、約10ヶ月(6月より練習スタート)の間、
皆様と共に練習をして参ります。

がんと共に力強く生活されているかた、サバイバーの方々、ご家族の方々、
医療者の方々から幅広く募集をしております。

合唱団で歌いたい!とお考えの方は、下記URLにアクセスいただき、
ご応募いただきたいと思います

http://www.jfcr.or.jp/hospital/information/general/4191.html・

院内・団体内、またご友人間でも情報を共有していただければ幸いです。
必要があればちらしも送付させていただきますので
お申し出ください。

ぜひ、一人でも多くの方々の参加をお待ちしております。
皆さんで作り上げていく第九、約1年の練習の成果を皆さんに是非聞いて頂き、
そして皆さんと、歌い終わった時の充実感と感動を分かち合いたいと思っております。

                               理 事 長   武藤徹一郎
                               事務局長・理事 阿曽沼元博

一覧ページに戻る

運営媒体

がん相談蕩蕩
がん治療費.com