セミナー情報・チャリティ活動

Home >  セミナー情報・チャリティ活動 >  セミナー情報

セミナー情報

映画「風のかたちー小児がんと仲間たちの10年ー」

ミルフィーユ第2回公開講座に参加してきました。
 2012年2月18日(土)千葉市文化センターアートホールにて開催された「NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ第2回公開講座」に参加してきました。
 初めに千葉県こども病院沖本由理先生より小児がんの基礎知識に関するご講演がありました。
 小児がんが今や不治の病ではないこと、その認識が社会に徹底されず、いろいろな場面での差別・偏見等が発生していること、大人のがん患者に比べて数が非常に少ないことから政府の補助が後回しになっていること、治癒後のフォローアップが必要であり、しっかりした体制を作らなければいけないこと(長期フォローアップセンターの設置)、そのようなことすべてを包括したエリーチェ宣言(「今後の小児がん対策のあり方について」)が昨年採択されたことなどが示されました。

 引き続き伊勢真一監督作品「風のかたち-小児がんと仲間たちの10年-」が上映されました。
 スマートムンストンキャンプと細谷亮太医師(聖路加国際病院)の10年間をおった映画です。キャンプ中のあどけない子どもたちの笑顔が「小児がん」という病気を想像させない一方、病棟内での様子がミスマッチすぎて、本当にこの子たちは「小児がん」を患ったのだろうかと思ってしまいました。病室の壁に貼られた多くの絵や写真、千羽鶴などが長い入院を物語っていました。
 昼間は体を使って遊び、夜は「おはなし会」で自分の事を話し、人の話を聞く、そこには「小児がん」になったからこそ人に対して優しくできる子どもたちの姿が映されていました。自分の番になったのになかなか話出せなくて口をとざしている子に対して「早く」という人は誰もいません。話をしながら感極まって泣き出してしまった隣の子に、自分が使っていたのとは違うハンカチを差し出す子の姿がありました。
 看護師になった人、母親になることができた人、一方で「今年の」キャンプに来られなかった人、さまざまな患者を診てきた細谷医師の「子どもは死んじゃいけない人たちだからね」という言葉が、想いがズシリと胸に突き刺さるのではなく、じわりと胸にひろがりました。

 「風のかたち」第2弾の「大丈夫。ー小児科医・細谷亮太のコトバー」を別の機会に見ることができました。そちらはお手数ですが画面を「ホーム」に戻して「耳寄りな話」をアクセスしてください。

2月18日(土)14時30分より千葉市文化センターアートホールにてNPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ第2回公開講座として映画「風のかたちー小児がんと仲間たちの10年ー」が上映されます。
この映画はスマートムンストンのサマーキャンプで小児がんの子どもたちと知り合った伊勢真一監督が、細谷亮太医師(聖路加国際病院副院長)の10年間を記録したものです。
昨春弊NPOが経済産業省プロジェクトを受託した際、小児科の先生に勧められた映画です。「さらりと作られていて心にしみる映画」だそうです。
お時間のある方は足をお運びになってはいかがでしょうか。

詳細はNPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズのHPをご覧ください。

http://www.millefeuille.or.jp/

一覧ページに戻る

運営媒体

がん相談蕩蕩
がん治療費.com